お客様お問い合わせ


ネバダ大学リノ校

国で選ぶ アメリカ

reviews (4.8)

ネバダ大学リノ校

University of Nevada, Reno

Intensive English Language Center
ディスカウント パンフレット ピクチャー お問い合わせ


School Info

学校紹介

  • 定員(在学生数)
  • 50-150人
  • 空港ピックアップ
  • 有り
  • 連絡番号
  • +1 775-784-6075
  • Fax
  • +1 775-784-4015
  • 所在地
  • Mail Stop 148, Reno , NV , 89557 , U.S.A.

お勧めポイント

  • 都市部
  • キャンパス内寮/宿泊
  • キャンパス外宿泊施設
  • 大学プログラム
  • 条件付き大学入学可能

学校紹介

  • - 特別な活動と旅行:地方、 Reno Rodeo、ビーチ・パーティー、山、スキー場などを訪問
    - TOEFLの成績がなくても大学に条件部入学可能
    - コース修了後、修了証明書発給

 Intensive English Language Center について

  • この20年間 IELC(Intensive English Language Center)はアメリカ大学に入学しようとする学生だけではなく、職業もしくは個人のために英語を勉強しようとする学生を教えてきました。1982年に設立された後、 IELCは大学入学および様々な理由で英語の実力を向上したがる学生達のための授業を提供して来ました。 IELC(Intensive English Language Center)はReno・Nevada大学のキャンパスに位置していますし、学生達に大学レベルの学習技術と英語を教育しています。 IELCは外国語として英語をするレベルで、アカデミック学業を英語で進行するほどのレベルまで向上させますし、アメリカでの生活と大学生活を経験させます。 IELCは3つの重要な目標があります。1目は学生達にアカデミックで必要な言語および技術を教えて大学水準の言語および学業能力まで向上させることです。2目は学生達にアメリカでの生活と大学生活を経験させることです。3目は学生達の外国語としての英語の実力を大学の水準の高級英語を駆使するようにさせることです。 IELCの学生達には大学の全ての施設の利用権利が与えられ、大学図書館、作文センターの無料家庭教師、女性支援センター。学生健康センター、Wi-Fi、室内コートが準備されていますし、キャンパス内のスポーツ施設およびプル、運動場、体育館の利用ができます。 IELCのスタッフと教師は学生が IELCで留学する間、興味深い経験とともに学習の達成をさせるために、最善をしています。学生はニーズをこのキャンパスで充足できます。

 ネバダ大学リノ校について

  • 1958年、約2000人の学生と始めた後、Reno・Nevada大学は急変を迎えました。最新教育および事業の同僚として出発した後、Reno・Nevada大学の学生達には70年間、学生センターがなったですが Jot Travis学生会館が出来ながら、やっと落ち着くようになりました。この学生ユニオンは2007年11月に大学で最も多用建物の中で1つであるJoe Crowley学生会館に代替されました。新しい学生会館は平方167000の面積に自然新化的な施設を揃いながら、キャンパス拡張の新しい変革の信号として落ち着きまして、Virginia街から大学までの空間の中心として新しい大門役割をしています。この建物の名前は23年という最長期間、大学の総長として勤めていたJoe Crowleyを記念するために、Joe Crowleyの名前にちなんでいます。2008年には全美で最も技術的に進歩した図書館とMathewson-IGT 知識センターが Crowleyユニオンの側に建てられキャンパスの北部領域を拡張しました。総長Charles Armstrongと副総長William Woodはキャンパスに研究プログラムを奨励しながら、1959年にはDesert Research Institute (DRI)との協力プログラムとして大気物理学、砂漠生物学、人類学、パソコン・サイエンス、水資源研究などが作られました。砂漠研究センターはNevadaの乾燥地域にある資源の研究に集中する大学の学部で、1969年、当時の総長 N. Edd Millerによって12以上の多様な博士過程プログラムを発達させるとともにメディカル・サイエンス・学校が設立されました。35年間、大学はアメリカ内で急変する政情に合わせて様々な挑戦をして成就して来ています。また、学生の登録率もぞくぞくと増加してきました。2010秋の学期を基準として1,7000人の学生がReno・Nevada大学に在学中です。

パンフレット


位 置


宿泊オプション

  • キャンパス宿泊施設
    キャンパスには多様な食事オプションとライフ・スタイルを充足させる9つの様々な寮があります。寮は短期間で予約が終わりますので、初期に予約した方が良いです。現在は大学でホームステイ・プログラムは運営しません。学校の周辺の宿泊も可能ですが、この場合学生が直接、契約をすることになっています。要求のある場合、学校が契約を手伝いします。

    キャンパスの外の宿泊施設
    Renoにはシングルまたは結婚した学生のための様々なオプションの宿泊所があります。キャンパス内に入居したい場合はUNR Residential Lifeと入居と食事サービス(Housing and Food Service)センターを通して契約します。志願書を作成すると学校ではキャンパス内の入居施設に志願できる書類を送ります。IELCは歩いて通学できる距離もしくはバス停の近所に多様なアパートを準備しています。

学校周辺の環境

  • Reno・Nevada大学は北部NevadaにあるダウンタウンRenoの中心に位置しています。北部Nevadaは豊かで活発な歴史と世界的に名声の高いイベントとエンターテインメントで有名な地域です。ダウンタウンのVirginia街はギャンブルだけではなく、各種社会イベントなどを含めた様々な活動の中心地で、カジノからのピカピカの光とReno・ArchなどはRenoが‘世界で最も大きい、小さい都市’で呼ばれる理由で、この美しい光景はダウンタウンに訪問した観光客の目を引かれます。Renoは素晴らしい図書館と博物館、ギャラリーおよび公園などの多くの魅力を持った地域で、観光客だけではなく、住民達が楽しめる施設がおおいです。Reno・Nevada大学で勉強している1,6000人の学生達のRenoコミュニケーションに芸術と多様性に寄与しながら様々な芸術的見所と一年中行われる野外活動のパートとして、Renoを世界的な水準の観光名所に作る要因です。Renoは開発1500mに位置した地域で学生達は年に300日以上、日差しの暖かい天気を感じられます。年中降水量は約12インチで、大体高い高度に降る雪で、Nevadaに降る雪はTahoe湖を含めた15個の接近性の良いスキー・コースを作ってくれます。

学校施設

  • パソコンhelp dest、作文センター、図書館、学生ユニオン、 Lombardiレクレーション・センター、Wi-Fi

留学生の主な出身国

  • 最近、 IELCの留学生の比率はほとんど中国31%、日本17%、韓国14%、ターキー4%、チリ4%、ブラジル3%、ベトナム3%、ペルー3%で、その他の国家から来た留学生の比率が21%です。

動画


Image 2015-12-28 14:04:01

羅欣妤

請問關於條件式入學~~??
Q: 想請問關於此大學的條件式入學問題?? 我有打算之後直接升學到美國的大學就讀,因此想詢問關於條件式入學的問題?? A: 您好,感謝您的詢問,關於條件式入學的問題,以下為您做個介紹。 你可以在完成課程後,在沒有英語水平測試成績之下進入內華達大學的本科或大學部就讀。如果您已經符合大學入學本科的學術資格,但不具備所需的英語水平分數時,你可能會收到條件式錄取的通知。你的錄取文件將提醒您,在完成英語要求之後才能開始學術課程。


学校の評価

1 学校評価 0件
  • 授業の質

  • 評価 (5)
  • 学校の雰囲気

  • 評価 (5)
  • スタッフの親切度

  • 評価 (5)
  • 野外活動

  • 評価 (5)
  • 宿泊施設

  • 評価 (4)

  • Review (4.8)

留學歷險記~~
  • 授業の質

  • 評価 (5)
  • 学校の雰囲気

  • 評価 (5)
  • スタッフの親切度

  • 評価 (5)
  • 野外活動

  • 評価 (5)
  • 宿泊施設

  • 評価 (4)

  • 評価 (4.8)

Image 2015-12-28 14:09:19

陳怡靜

這是我人生中第一次出國,也是第一次自己一個人遠行。最開始出國的初衷就只是希望能夠把語文能力提升,長時間的課程加上實際的生活體驗,讓我得到的不僅僅只是語文能力的提升,更多的是文化與實際生活體驗所帶來的影響。在內華達的這段時間,除了上課之外,因為希望可以趁著聖誕假期時間遊覽整個國家,所以也自己著手開始規畫行程。從最開始的規劃、自己找相關的旅行社、預定旅行期間所有的住宿、前往的渡輪、回程的機票或是到當地報名參加活動,所有的過程都是自己獨立完成。之所以能夠自己一手完成這些,我想是因為在內華達大學利諾分校上課的過程中,學校老師給的鼓勵,所以在很多需要英語溝通的地方自己都變得相對於以往有自信,然而寄宿家庭也帶給我莫大的影響,他們教我用正向的態度去面對遇到的難題。我記憶中很深刻的事情是,有幾天我因為內華達連續幾天的雨而顯得有些煩悶,然而家庭告訴我說:如果沒有這些雨,你來到這裡就看不到這麼美麗的風景。雖然只是很簡單的幾句話,影響卻很大。
在還沒有出發之前,我想我和很多人都一樣,認為出國是一件算還蠻了不起的事情,好像出去一趟就會有所成就,一切都會很順利,但事實上並非如此,不是所有的一切都像想像中美好,生活上還是會有許多大大小小的問題需要自己想辦法解決,藉由這次的留學也讓我成長了許多~~^^

Like 631 I LIke