英語圏の国
 スタディーデスティニー(Study Destiny)?
自分の設計によ海外語学留学の目的地
FAST , EASY , FREE

スタディーデスティニー(StudyDestiny)は留学エージェントを通じることなく、ひとりで語学留学、留学を希望する学生のため。本サイトを利用する場合、希望する学校に直接申し込むのができ、一人で留学の手続きを仕上げることができます。出願した学校や教育機関に出願書が届いたら、海外担当者と一緒に直接手続を進む事になります。
 国別特徴
 地理
日本国は、日本列島及び周辺の島々を領土とする海洋国家です。 日本の領土はすべて島から成っています。6852の島(本土5島+離島6847島)から成る島国です。 アジア・東アジアの中でも特に東方にあり、ユーラシアの東端にあたるため、欧米から極東・東洋などとも呼ばれています。全体的に弓形状であり、全面積は約37.8万km²(日本政府が領有権を主張する領域)で世界第61位です。国土の約70%が山岳地帯であり、約67%の森林率です。 太平洋の北西部にある領土は、本州・北海道・九州・四国などから成る日本列島を中心に、南に延びる伊豆・小笠原諸島、南西に延びる南西諸島(沖縄本島など)、及び北東に位置する北方四島(北方領土)など、離島を多く含み、全体として弧状列島を形成します。
 人口
日本は1950年以降急速な少子化、高齢化が進行しているため、2007年には超高齢社会(65歳以上の人口割合が21%以上)となりました。 100万人規模以上の人口を有する大都市が各地方に点在しています。国民の多くは、これらの大都市、又は、その周辺部で生活します。国土全体を対象とした人口密度調査においても領域国家として世界有数の高さを示すが、沿岸の平野部に都市部が集中していて、国土の1割に人口の9割が住みます。また、日本海側に比べて太平洋側に人口が集中しています。中でも特に東京を中心とした南関東の人口は、日本の人口の約4分の1を超え、世界最大の都市圏を構成します。そのため、都心部では土地の値段が高騰化し、ドーナツ化現象などの問題も起きています。しかし近年では、特に首都圏では、東京都心部の土地の値段が下落し都心回帰の現象も見られます。
 政治
日本国憲法上、同憲法を最高法規とし、この下に、国会が制定する法律、内閣が制定する政令や各省庁が制定する省令などの命令、地方公共団体が制定する条例など、各種の法令が定められます。憲法上、裁判所は、全ての法令や行政行為などが憲法に適合するか否かを最終的に判断する違憲立法審査権を有し、最高裁判所を終審裁判所とします。もっとも、いわゆる司法消極主義に基づき、国会や内閣など政治部門の判断への干渉は、控えられることが多いです。 天皇は、第二次世界大戦後から現在まで、日本国憲法に「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」(憲法1条)と位置づけられ、「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」とされます(同条)。その地位(皇位)は、世襲によって受け継がれ、国会の議決する皇室典範の定めるところによって継承されます(憲法第2条)。憲法の定める国事行為のみを行い、国政に関する権能を有しません(憲法4条1項)。但し、国事行為の他、象徴たる地位に基づく公的行為を行います。 また、日本国政府は「立憲君主制と言っても差し支えないであろう」としているが、日本国憲法には明記されていません。[103]。明治期に制定された大日本帝国憲法には、立憲君主制であることが明記されていました。
 経済
日本は資本主義・市場経済を採用する工業国であり、2010年時点で、国内総生産 (GDP) がUSドル時価換算の為替レートで世界第3位(購買力平価 (PPP) で世界第3位)に位置する経済大国です。一人当たり GDP は2010年時点で、USドル時価換算で世界第16位、購買力平価 (PPP) で世界第24位です。通貨である円 (¥, yen, JPY) は、高い信認を有する国際通貨の一つであります。日本人は、その信認の高さから現金決済や貯蓄を好む傾向があります。1964年(昭和39年)に経済協力開発機構 (OECD) に加盟し、サミット(主要国首脳会議・当時のG5・後にG7・現在のG8)にも1975年(昭和50年)の第1回から参加するなど、その動向も世界経済に強く大きな影響を与えます。
 気候
ケッペンの気候区分によると、本州以南沖縄諸島・宮古列島・大東諸島以北の大半が温帯多雨夏高温気候(Cfa)(多良間島・八重山列島(石垣島・西表島・与那国島・波照間島)・沖大東島などでは熱帯雨林気候(Af))に属する一方、北海道などが亜寒帯湿潤夏冷涼気候(Dfb)を示します。モンスーンの影響を受け四季の変化がはっきりしているものの、全般的には海洋性気候のため大陸と比較して冬の寒さはそれほど厳しくなく温和な気候です。 冬季は、シベリア高気圧が優勢となり北西の季節風が吹くが、その通り道である日本海で暖流の対馬海流から大量の水蒸気が蒸発するため、大量の雪を降らせます。そのため、日本海側を中心に国土の約52%が世界でも有数の豪雪地帯となります。太平洋側では、空気が乾燥した晴天の日が多いです。 夏季は、太平洋高気圧の影響が強く、高温多湿の日が続き、台風も多いです。但し、北部を中心にオホーツク海高気圧の影響が強くなると低温となり、しばしば農業に影響を与えます。 比較的、降水量の多い地域です。主な要因は、日本海側での冬季の降雪、6・7月(沖縄・奄美は5・6月)に前線が停滞して起こる梅雨、夏季から秋季にかけて南方海上から接近・上陸する台風などです。年間降水量は、約1,700mmとされます。
 言語
日本には公用語を明示する法令が存在しないが、日本語がほぼ全ての国民の母語であり、慣習に基づく事実上の公用語です。全土で均質化された日本語による義務教育が行われています。識字率は極めて高いです。日本に定住する外国人も多くは日本語を理解します。国会では、アイヌ語などの使用も認められているが、憲法や法律は、日本語で記したものが正文です。
 宗教
日本の宗教の信者数は文部科学省の宗教統計調査では、神道系が約1億700万人、仏教系が約8,900万人、キリスト教系が約300万人、その他約1,000万人とされています。 日本では、日本固有の信仰である神道と外来の思想である仏教が広く信仰され、半ば融合した神仏習合として分業的に共存しました。神道と仏教は明治維新後の神仏分離を経て、明確に区別されたが、神仏習合は各地に残る山岳信仰などにその名残をとどめています。カトリックやプロテスタントなどのキリスト教徒も存在するが、洗礼を受けた正式な信者は、総人口の1%を超えず、教会も社会に強い影響力を有しません。いっぽう、キリスト教徒である著名な文学者や思想家など文化人の社会的な影響は、必ずしも小さくありません。しかし、クリスマスなどいくつかの儀式・祭礼は、しばしば本来の宗教と関係なく世俗的な年中行事として広く受容されます。ムスリム(イスラム教徒)やユダヤ教徒は、在日外国人を除けばわずかです。
 食文化
日本は豊かな漁場や肥沃な農地に恵まれ、良質な食材の入手が可能です。良質で豊富な飲料水にも恵まれ、伝統的な和食の他にも世界中の食文化を取り入れました。世界で最も食文化の豊かな地域の一つと言えます。ただし、日本の人口の多さから、カロリーベースの食料自給率は低く、食料輸入国です。
 祭
本来は神などを祀ったり、豊作・健康などを祈願または感謝したりするための行事のことであるが、現在では大きく盛り上がるようなイベントのことも含むことが多いです。たくさんの集客が見込めるため露店が多く出店し、祭りの楽しみの一つとなっています。夏から秋にかけて開催されることが多く、花火打ち上げや盆踊りなどが行われることがあります。普段着ではなく浴衣などの和装で出かけることも多く、それを見るのも1つの楽しみになっており、会場に雰囲気を作りだし、特別な日であることを印象付けています。
 交通
古くから北太平洋及び北東アジアの交通の要所として海運や航空において重要な位置を占め、世界的に有数の規模の海運会社や航空会社が存在し、各国を結んでいます。また、アジアにおいて最も早く鉄道を導入した国の一つであり、私鉄による鉄道網が全国を網羅しています。また、高度経済成長以降、モータリゼーションが進み、道路網・高速自動車専用道路網が発達しています。
 東京地域
東京は日本の本州の中央、関東の地方の南西部にある日本の首都です。17世紀当時江戸と呼ばれたこの地域に幕府が立ってから、日本の政治・経済・文化・交通の中心地として発展してき、産業と人口も集中しています。全国で三番目に面積の小さな地自体であり、2,000m級の山から小笠原諸島のような亜熱帯の島々まで多様な地形分布を見せ、実際の面積は小さいものの範囲は結構広いため、日本の最東端と最南端地域を含めています。人口は約1300万人で、日本総人口の10%に該当します。神田、新宿、秋葉原、渋谷、銀座など色んな街が世界的に知られており、東京駅の近くにある日本橋は東京を基準にした距離測定の基点として使われています。東京は一時行過ぎた開発によって九州とともに各種環境汚染の温床であったが、1960年代以来墨田川の浄化などをはじめ様々な努力を尽くしています。
 関西地域(大阪・京都など)
本州の中西部にある地方で近畿地方とも呼ばれます。兵庫県と京都府の北部は東海と接しており、大阪府と兵庫県の南部は瀬戸海内、三重県と和歌山県は太平洋と接しています。古代から日本の政治・経済・文化の中心地であった地域で、京都府を中心に琵琶湖・淀川・瀬戸海内などを利用した水運か陸運を通じて全国への交通網が発達しています。長い歴史を持っているため、様々な文化財が多く、特に奈良県と京都府などに明治時代の以前まで天皇が千年以上起居してきました。1868年天皇が東京に移してから政治的な影響力は喪失したものの、その代わりに大阪から神戸に至る地域が大規模の工業ベルトとして発達することになりました。この地域には法隆寺などの数多い世界文化遺産が搭載されており、毎年数えないほどの観光客が訪れます。
 九州地域
九州地域は日本の最南端にあります。中国や韓半島、東南アジアと近いため、古代から外来文化の影響の多かった地域です。江戸時代以降、津島は朝鮮と日本間の外交を担当し、長崎にはオランダと中国の貿易船がよく入港し、広島と共に原爆の被害を受けました。北九州市から福岡市までかけている北九州工業地帯に重工業・化学工業が集中しています。
 
 海外語学留学の目的地
- 英語圏の国 -
アメリカ語学留学
カナダ語学留学
イギリス語学留学
アイルランド語学留学
オーストラリア語学留学
ニュージーランド語学留学
インド語学留学
フィリピン語学留学
マルタ語学留学
シンガポール語学留学
香港語学留学
- 非英語圏の国 -
中国語学留学
韓国語学留学
日本語学留学
フランス語学留学
ドイツ語学留学
スペイン語学留学
会社概要  |   提携案内  |   学校登録案内   |   ご利用規約   |   個人情報の取り扱いについて  |   メール  |   FAQ
Copyright ⓒ2010 - 2017 StudyDestiny. All Rights Reserved.