英語圏の国
 スタディーデスティニー(Study Destiny)?
自分の設計によ海外語学留学の目的地
FAST , EASY , FREE

スタディーデスティニー(StudyDestiny)は留学エージェントを通じることなく、ひとりで語学留学、留学を希望する学生のため。本サイトを利用する場合、希望する学校に直接申し込むのができ、一人で留学の手続きを仕上げることができます。出願した学校や教育機関に出願書が届いたら、海外担当者と一緒に直接手続を進む事になります。
 国別特徴
 シンガポールの概要
シンガポールという国名は、サンスクリット語で「ライオンの町」という意味です。マレー語の発音スィンガプラは、この地原産のネコの種類名シンガプーラの由来となっています。正式名称はシンガポール共和国で、1819年イギリスが貿易拠点として開発した都市でありました。シンガポールは東南アジアのマレーシアに隣接するシンガポール島と周辺の島嶼を領土とする国家(都市国家)で、イギリス連邦加盟国です。1963年現在のマレーシアに属していましたが、1965年マラヤ連邦から脱退して現在に至っています。市街地は島の南部を中心に発展しており、19世紀初の建設当時のヨーロッパ人・インド人・マレー人など民族別に住居地を分けたが、その影響が今も残っています。
 気候
赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿です。モンスーン地帯に含まれるが、雨季と乾季の区別ははっきりしないものの、北東モンスーンの影響により、11月から3月にかけて降水量が多いです。5月から9月は南西モンスーンのために、1回当たりの雨量が増え、強風に見舞われます。 ケッペンの気候区分によると、乾季のない熱帯雨林気候 (Af) に分類されます。首都シンガポールは標高5mであり、年平均気温は27.4度、1月の気温は26.4度、7月は27.9度です。11月から1月にかけては比較的すずしいです。年平均降水量は2087.1mmです。
 言語
公用語は英語、マレー語、標準中国語(華語、北京語を基礎とする。記述は簡体字)、タミル語(インド系に母語とする者が多い)であります。これらの言語は平等に扱われ、学校教育でも、英語に加え各民族語が必須科目として教えられています。それぞれの言語でシンガポール特有のなまりがあります。マレー語が憲法上での国語とされているが、儀礼的なもので、シンガポールがかつてマレーシア連邦の一員だった事の名残でもあります。ビジネス、行政などでは英語が広く使われ、華人やインド系でも英語を母語とする者(英語系華人など)がおり、教育でも初等教育から各民族語以外は英語中心に行なわれています(大学教育はほぼ英語のみ)。若い世代は大多数がバイリンガル、トライリンガルであるが、古い世代では中国語など民族語以外を話さない者も多いです。政府発行の公文書は基本的に英語であるが、国語はマレー語、国歌もマレー語である。英語の綴りや表記をする際には、イギリスの植民地であった事から、colourや、centreなど、イギリス英語が用いられる場合が多いです。
 人種と宗教
住民は、華人(中華系)が76.7%、マレー系が14%、インド系(印僑)が7.9%、その他が1.4%となっています。華人、マレー系、インド系からなる複合民族国家のため、公共メディア、文化一般に3系統の文化が共存するが、共生しながらもそれぞれ異なるコミュニティーを形成しています。主な宗教は、仏教、道教、イスラム教、キリスト教、ヒンドゥー教などです。
 食生活
食生活は外食中心であり、シンガポール人が自炊をする事はあまりありません。以前から商業都市であり、男女関係無く毎日仕事に明け暮れるシンガポール人が多いため、自然と時間のかかる自炊よりも外食で済ますことが好まれるようになったからです。 外食文化が非常に発達しており、多数のフードコートや、「ホーカーズ」と呼ばれる、大衆向け外食広場が存在しています。 一部の観光客向けホーカーズを除いて、フードコートやホーカーズで提供される食事の値段は手ごろで、1食分の値段が3~5S$程度で済むメニューが多いです。
 娯楽
英語と各種中国語、マレー語という東南アジアの主要言語を揃って使用することのアドバンテージを生かし、東南アジアの主な情報発信地の一つとしてポピュラー音楽やファッションなどで存在感を見せています。 土地が狭いことや、政府の規制が厳しいためもあり、国内に娯楽施設は少なく、若い世代は映画、クラブやビリヤード、スヌーカー、カラオケに興じることが多いようです。特にビリヤード場は都市部のそこかしこで見かけることができます。最近ではインターネットカフェが増加しています。 中東部のゲイラン地区には国公認の売春地区があります。トランジット(飛行機乗り換え)で立ち寄る西洋人(主にアメリカ系)が中国本土やロシア東部の女性目的に立ち寄ったり、日本人が顧客の接待で立ち寄ったりするが、基本的にはローカルのシンガポール人が一番多いです。トップレスダンスショーを披露するパリのキャバレー「クレージーホース」を政府当局が誘致したが、客足が伸びず、開業からわずか1年あまりで閉店される事となりました。
 ファインアンドファイン
トイレの水流し忘れや、紙屑一片のポイ捨てにも罰金が科せられるような公衆政策は、ときに「ファインアンドファイン」「ファインシティ」とも揶揄されます。罰金(英語:Fine)と綺麗(同:Fine)を意味します。 又、国内でのガムの販売はポイ捨てする人がいる事から禁止されています。
 東部地域
東部地域は有名な観光名所というより現地人の余裕のある日常に接することのできる住居地域だといえます。内から出たばかりの身なりで散歩を楽しみ、レジャー・スポーツに夢中になった姿は東部地域がどんな雰囲気のところなのかよくみせています。プラナカンの文化を体験することのできる「カトン伝統地区」と「イースト・コースト・シーフ-ドセンター」で海を目の前にしながら、新鮮な海産物が味わえます。
 西部地域
マレー語でサメという意味を持つジュロンはシンガポールの中心からはなれた西側に位置している広い地域です。シンガポールでは珍しい工業団地が形成されており、シンガポールを代表する「ジュロンバードパーク」と「サイエンスセンター」があるので、観光客にも慣れたところです。1960年代は何もない未知の土地でしたが、絶えない開発のおかげで今はシンガポールの国民と観光客みんなに重要な地域として成長しました。
 北部地域
シンガポールは国土の半分が熱帯雨林です。過去数百年前からこの土地は巨大な密林であって、今日のシンガポールはこの密林を開拓して作り上げた都市で、国家です。特にこの北部地域は湖やマングローブ、湿地帯などが形成されている自然生態系の宝庫で、1970年代から動物園やナイトサファリ、自然公園などで開発してきました。シンガポールの自然を体験することのできるところです。
 中部地域
シンガポールの首都市街地は島の南部を中心に発展しています。セントーサ島・ハーバーフロント・オーチャードロード・ブギス・リトルインディアなど有名な観光地が集まっているところです。また、南部地方はシンガポールの政治・金融・交通の中心地であり、特有の民族的、宗教的な色彩が感じられるところでもあります。
 
 海外語学留学の目的地
- 英語圏の国 -
アメリカ語学留学
カナダ語学留学
イギリス語学留学
アイルランド語学留学
オーストラリア語学留学
ニュージーランド語学留学
インド語学留学
フィリピン語学留学
マルタ語学留学
シンガポール語学留学
香港語学留学
- 非英語圏の国 -
中国語学留学
韓国語学留学
日本語学留学
フランス語学留学
ドイツ語学留学
スペイン語学留学
会社概要  |   提携案内  |   学校登録案内   |   ご利用規約   |   個人情報の取り扱いについて  |   メール  |   FAQ
Copyright ⓒ2010 - 2017 StudyDestiny. All Rights Reserved.